XCOR、最初の顧客はパー・ウィンマー氏

エックスコア・エアロスペース社(XCOR Aerospace)は12月2日に記者会見を行い、同社の宇宙船「リンクス(Lynx)」によるサブオービタル宇宙旅行を契約した最初に顧客は、デンマーク人のパー・ウィンマー氏(Per Wimmer)であると発表した。

ウィンマー氏はこの日、契約書にサインし、エックスコア社から特大のチケットを受け取った。ウィンマー氏は2011年のフライトを希望しており、今後旅行代金である9万5000ドル(約883万円)を支払う。

「私は色々やっているが、宇宙ほど熱狂になれるものはない。エックスコア社の低価格プランはこの産業を変える可能性があり、私はより多くの人が宇宙に行くことを望んでいる」

記者会見で、ウィンマー氏はこのように述べた。

ウィンマー氏は1968年にデンマークで生まれ、コペンハーゲン大学を卒業し、ロンドンを拠点とする投資銀行を経営している。小さい頃から宇宙に興味を抱き、NASAの元宇宙飛行士を始め、宇宙旅行者のデニス・チトー氏、マーク・シャトルワース氏、アニューシャ・アンサリー氏らと会い、懇談している。また、ウィンマー氏は「ファウンダー」として、ヴァージン・ギャラクティック社のサブオービタル宇宙旅行も予約しており、既に訓練を終えている